スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Moonlight Cologne

tonight.jpg

遠い恋の話をひとつ。

仕事が終わって、彼女のバイト先のレストランへ駆けつける。
当時流行っていたサーファールックに身を包んだ彼女が店を
出てくるのは、いつも夜の10時過ぎ。
会話といえば、仕事の愚痴がほとんど。もっぱら聞き役の私
は、車をそのまま行政道路を南下する。
「あのお店で飲まない?」
彼女のリクエストは、葉山にある、海沿いの小さカフェバーだ。
金曜の夜は、いつもこんな調子で彼女と朝方までつらつら飲
む。遊ばれているのはいつも私のほうで、憎いほど言葉遊び
の上手い彼女。英語がペラペラで、私の誘いにも英語で切り
返す。

3月の終り、月夜の駐車場。
最後の言葉も、やっぱり横文字ではぐらかされた。
「それなら、いいや…」
と思った。でも、何故だろう、今もあの時間が愛しい気がする。
Moonlight Cologneの香りとともに…
スポンサーサイト




木を伐る、ということ

kikori.jpg

毎週末は森に通う。
そして、大抵は森づくりと称して何かしらの作業をしている。
一歩間違えば、命取りにもなりかねない伐倒作業には、特に気を使う。私たちの作業では、目通り10cm程度の樹木であればチェーンソーは使わず、手ノコで挑む。これが結構キツイ。伐倒し、枝を払い、玉伐りにする。この作業をひとりで2、3本繰り返せば、もう腕はパンパンに張ってしまう。そして得られるもの、それは樹木1本を倒す重さ、である。
伐倒とは、樹木を殺すことではない。それは森の再生である。あるいは森の若返りと理解してもいい。切り株からは、また新たな生命が芽生えてくるからだ。つまり、物質循環を盛んに繰り返す若い樹木に生まれ変わることになる。そして、森が活気づく。ある人は 「木を伐ることは、森を殺すことだ」 と言い放った。でも、あえて今さら反論はしない。自然の摂理とか、樹木の生理とか、森を見て樹木を見ない人には何を言っても無駄なこと。
木を伐る、ということは、ある意味で 「森づくりの哲学」 でもある、と思うのだが、如何だろう。





流れ星があとからあとから・・・

tisako.jpg

特に売れてるワケでもないけれど、山を愛しブナを愛したひとりの
女性が綴ったエッセイ集。私の好きな一冊だ。
たとえば、こんな一編がある。

“精霊たちに会いたい”
会えそうな場所がある。満月、流れ星があとからあとから降りそそ
ぐ夜・・・ 
満月の光を浴びて湿原で影踏みすれば、仲間の数より影がひとつ
だけ多い、なんてことがあるかもしれない・・・

「みんなちさこの思うがままさ」
貴女が逝ってしまったのは、あまりにも早すぎましたね。宝石のよ
うな一冊を何度も何度も読みながら、蒼く煌く渓を思い、ノーブルな
ブナの森を思う。そして「浪漫コール」いつしか私も一緒に叫んでい
るのです。





君を待つ時間

eregans.jpg

慌しい年の瀬です。
年末年始の休暇は、一日くらい森の中でゆっくり
過ごしたい気分ですが、あれこれと所用に追われ
そうです。友人から借りている望遠レンズの出番
も今年はまだありません。
去年の今頃は、本を読みながら、コーヒーを啜り
ながら、森の中で「君を待つ時間」。
今夜もこれから4回目の忘年会です。みなさん、
今年は大変お世話になりました。良いお年をお迎
えください。




MOCHA

mocha.jpg

質素な誕生パーティだけど、とっておきのショートを用意した。
口数も少ないけど、もう、立派な女性になってしまった娘。
それにしても、Siera,Mocha,Jasmine,Leo がとてもいい雰
囲気で流れてる。
今宵は、そんな一幕を…




エレガンスの季節

ere01.jpg

チッ チッっと、懐かしい声が聞こえた。
藪の中を小鳥たちが忙しなく移動してゆく。双眼鏡で探すと、
冠羽をキリッと立てた鳥影が、くっきりと浮かび上がった。
小雪の舞う日も、北風の唸る日も、じっと彼らを待った森の
片隅。またそんな冬がやって来た。
友人から借りた大切な望遠レンズ。手入れをしながらカメラ
に装着し、想いを巡らす。ずっと前から、逢いたくて仕方が
なかった憧れの冬鳥。彼らは、目と鼻の先の森でひっそりと
冬を越していた。学名は「エレガンス」。ミヤマホオジロ君、
遠い国からようこそ。




梟の森

fukurou.jpg

11月の3連休は、すべて森で過ごした。
「森を歩きたい」というたくさんの人を連れて森を案内したり、我々が管理するフィールドに看板を立てたり、そして、フクロウの巣箱架けをしたりと、楽しくもあり疲れた連休だった。
フクロウが棲む森、それは私たちが誇れる森だ。それは、豊かな生態系を意味する森だからでもある。彼らの安住を願うのならば、最下位の生き物たちを温存しなければならない。私たちの森づくりは常にそれらのことを念頭に置いている。大袈裟に言えば、微生物から始まる生物多様性を視野に入れなければならない。それは、壮大なスケールにこそ思えるが、実はいちばん肝心なことなのである。
「オオタカを守れ」「樹木を伐採するな」なんていう台詞は誰にでも言える。ならば聞きたい、大切なコトって、一体、何だろう。
多くを語らず、黙々と作業を続ける仲間たち。きっと、今年もフクロウが営巣してくれるだろう。そして、私たちは巡る季節の中で、信じるものを疑うことなく森づくりに汗を流すのだろう。





South City Midnight Lady

tonight.jpg

ドゥービー・ブラザースのアコースティックなサウンドが
心地良くて、このまま夜の国道を飛ばして海が見たいと思
った。明日の講義は最初からサボるつもりだったし、それ
よりも、やっと口説いた彼女のことばかり考えていた。
友達から借りた1万円が全財産。いくつものテールランプ
が並ぶ湾岸線、遠くに見える観覧車。
ソバカス、ハマトラ、栗色… 
お酒が進んだ夜は、そんなことを、ふっとね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。